幻の和牛と言われる『見島牛』が再入荷いたしました。 山口県萩市の日本海に浮かぶ離島「見島」で、手塩にかけて育てられている『見島牛』。 西洋種の影響を全く受けていない日本最古の在来牛で、国の天然記念物にも指定されています。 色濃い赤身部分に鮮やかなサシの入った天然の霜降り肉は、和牛ならではの濃い旨みが特長です。 年間出荷頭数は数頭という非常に希少なお肉です。 『肉好き垂涎のステーキ』 繊細の肉本来の味と自然のコクがダイレクトに伝わる炭火焼でご提供します。 お肉の表面を火傷させないよう、ゆっくりじっくりと火を通していきます。 それによって、内側までしっかり火は通っているのに、しっとりとジューシーな食感に仕上げます。 2月より数量限定でのご提供となります。大変希少なお肉の為、入荷数も限られております。 雅コース(3万円・税サ別)を強肴としてお召し上がりいただきます。 2月以降の入荷は未定ですので、お早目のご予約をお薦め致します。